米FRB、予想通り金利据え置き…12月の利上げを示唆

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター~米FRB、予想通り金利据え置き 経済堅調と認識~】
https://jp.reuters.com/article/nov-fomc-fed-idJPKCN1ND2Y9

 

 

投資家の関心は、もっぱら米中間選挙に向いていたが、株価の水準を決定するのは究極的には「中央銀行の政策」である。世の中にどれだけの資金を供給するのか、それによって株価が上下したりする。今、日米欧の3大中央銀行は、欧米が引き締め方向、日銀がニュートラルといった感じだ。全体からすれば、明らかに引き締め方向であり、株価に対してはネガティブに働きやすい。FRBが今後、どのような政策を採るのかは、極めて重要であり、そういった意味で「中間選挙以上の材料」であると言えよう。

では、FRBは継続的に利上げを実施していくのか―—それは当然、無理といった話である。そもそも米国は国債を発行し、FRBがそれを引き受けるという国債とドルの「ちり紙交換」を行っている。それが「QEなんとか」というシロモノであり、量的緩和によって財政破綻を免れているという背景がある。当然、日欧も同じ状態であり、これを均衡・維持していくことが、彼らのもっぱらの責務となっている。「金融政策」の名のもとに、国家財政を支え、税金という徴収システムによって、この国債の利払いが着実に中央銀行に還流するように仕組んである。現体制を維持することによって、通貨発行権という「既得権益」を守っているのだ。

だから、FRBは米国が財政破綻しない程度に金利高を誘導し、利払い効果を上げていく。そして同時に金利上昇による「ドル防衛」をも狙っている。「お金は高いところに流れる」という習性を最大限に利用しているのだ。本来ならば米国は経常赤字、日本は経常黒字なので、理論的には円高・ドル安方向に行くべきである。それが「金利裁定」という短期的な要因によって、ドル高方向へと引っ張られている。日本株は円安効果で上昇しやすくなっているが、それは米金利高、ドル高の産物であると言えよう。FRBが来年どこかでこの政策の転換を判断することになれば、日本株の押し上げ効果は消滅することになる。「利上げ打ち止め」が見えてきたタイミングで、日本株が暴落する恐れがあるのだ。その点だけを注視して、FRBの動向を見ていきたい。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ