石原産業(4028) 注目の個別銘柄-11月14日版-

注目の個別銘柄

石原産業(4028) 1333 -47


※株価は前営業日の終値ベース

本日は軟調な値動きを強いられている。11/12の急騰、出来高増加による反動安が続いている。本日は前回の窓下限(1366円)を下回って推移しており、これを終値ベースで回復できるかが焦点。もし、回復できなかった場合には、チャートは弱気形状へと転換。再び安値を試すことになる。逆にキープできた場合は、上方の窓(1800円付近)の窓を目指す順番となる。本日の終値に注目。

 

 

注目の個別銘柄とは…

E-kabu専属コラムニストである黒岩泰氏がザラバ中の気になる銘柄、上昇期待の高い銘柄についてコメントします。尚、見本のチャート画像は前日引け後のものとなりますのでリアルタイムのチャートではありません。また当コンテンツは黒岩泰氏の私観に基づくコラムであり、投資判断はご自身で行って下さい。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

 

「窓チャート」
http://madochart.com/
役立つ銘柄情報のE-kabuでは「窓チャート」を利用しています。黒岩流の『窓・壁・軸理論』を参考に、窓・Sell/Buyサインを視覚化・機械的に表示されています。その他「本日のサイン」など、便利な機能も充実。是非ご活用下さい。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

[6239]ナガオカ~ストップ高研究委員会-1月21日版-

連日のストップ高。「スクリーン・インターナルを大口受注」と伝えられており、にわかに人気化している。短期的な振るい落とし場面があれば、拾ってみたい。 ストップ高研究委員会とは… 黒岩泰氏が「明日のストップ高は、今日のストップ高から」をモットーに、「一発高を期待したい」とする銘柄をピックアップして紹介しているコラムです。基本的な考え方の原点にあるのは、黒岩氏が開発した『窓・壁・軸理論』となります。その中では、ストップ高になった銘柄の中に「軸(株価の中長期の方向性)」が大きく傾いたものがあり、それを買うことで、大きなリターンが得られる可能性がある、とされています。尚、黒岩氏の私観では「ストップ高銘柄を買いに行くのはリスクがあるので、基本的に押し目買い狙い」として注目・紹介しています。また、当コラムはあくまで参考となりますので、投資判断はご自身で行って下さいますようお願い致します。 「窓チャート」 http://madochart.com/ 役立つ銘柄情報のE-kabuでは「窓チャート」を利用しています。黒岩流の『窓・壁・軸理論』を参考に、窓・Sell/Buyサインを視覚化・機械的に表示されています。その他「本日のサイン」など、便利な機能も充実。是非ご活用下さい。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ