[米中首脳会談]貿易対立休戦を優先…相場はどうなる?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【毎日新聞ー~安全保障の議題乏しく 貿易対立休戦を優先~】
https://mainichi.jp/articles/20181203/k00/00m/030/066000c

米国が安全保障問題を避け、貿易問題の解決を優先させたのは、中国に対する一定の配慮だろう。中国側にボールを投げることで、その返球を待つ作戦。何かしらの結果を得ようという思惑がある。ただ、中国側は農産物や工業製品の輸入拡大を示唆したものの、現時点で具体的な数値を示していない。「あまりやる気が感じられない」というのが実態であり、米中貿易戦争の終結は程遠い状況にある。なので「90日間の猶予期間」もあっという間に過ぎてしまうだろう。もし、米国側が期待する輸入額に達しなかった場合には、トランプ大統領の性格上、即座に追加関税に踏み切るとみられる。そういった意味では、今回の首脳会談の成果はほとんどない、と言って良いだろう。

ただ、マーケットではその猶予期間、そして何より重要イベントを通過したという安心感が大きい。先週末に向けて株価はすでに上昇していたものの、週明けさらに上値を試す動きになっている。マーケットはすでに「最悪の事態」が回避されることを予感しており、それを先取りしていたのだ。なおもイベント通過の安心感から、上値を試す動きとなっている。しばらくこの強い流れは続きそうである。

もちろんマーケットの先読みは、はるか先に進むことも予想される。それは2年後の米大統領選である。中国は「あと2年、我慢すれば、トランプがいなくなる」--そう考えているに違いない。のらりくらりと対米交渉を進め、劇的なダメージを避ける。そうすれば、新大統領がグローバリズムを推進することになり、関税はすべて撤廃されるという思惑だ。マーケットが米中貿易戦争をそこまで嫌がっていないのは、そういった将来展望があるからかもしれない。とりあえずマーケットの関心は「次」へと向かっている。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ