トランプ氏の新提案拒否の民主を批判…政府機関閉鎖の影響は

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【産経新聞~トランプ氏、新提案拒否の民主を批判~】
https://www.sankei.com/world/news/190121/wor1901210030-n1.html

 

トランプ大統領の主張としては、「メキシコ国境の壁の建設費用を予算化しないのは、反対している民主党のせい」ということにしたいのだろう。ただ、ここまで長期化すると、政府関係者はもちろんのこと、国民生活への影響も甚大なものになってくる。どこかで妥協せざるを得ないだろう。当然、その場合には、「振り上げたこぶしを下ろす理由」が必要とされ、それを模索する動きとなりそうだ。

内政が混乱しているときは、外交に活路を見い出すのが常道。中国との通商交渉が進展したり、北朝鮮との2回目の首脳会談が開催されれば、そういったイベントに隠れて、一部の政府機関が再開されるかもしれない。政権支持率を低下させないようにバランスをとりながら上手くやっていく方法だ。トランプ流交渉術は、まず高めの球を投げて相手を脅し、徐々に低めにコントロールして行くやり方だ。もう、その段階には来ている。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ