「裏・窓理論」は究極の錬金術なのか?

E-kabuからのお知らせ

「年末年始の大暴落、乱高下。それも束の間、今度はサンバイオ・シ ョック!何と不運な出来事が続くんだ。株式投資は本当に難しい。い ったい誰が儲かっているというんだ。プロはこんな相場でも、着実に 利益を伸ばしているんだろうな〜」

 

あなたがそう思っても仕方がない。それくらい難しい相場が続いて いる。プロも手を焼く気まぐれ相場。投資家心理の裏をかくように傍 若無人に振舞う株価たち。いったいどうすれば良いのだろうか・・・。

 

投資家にとっての「理想」は、資産が右肩上がりに伸びること。相場 の変動に関係なく、着実に儲かり続けるパターンだ。

 

でも、実際の株価はそういった希望を裏腹に、逆へ逆へと動いていく。 相場の神様がいて、自分が損をするようにわざと仕掛けているので はないか―—そう疑ってしまうほどだ。

 

私が「窓・壁・軸理論」をリリースしてから早10年。その間、理論 では説明できない動き、ときには相場の悪魔ににらまれ、着実なパフ ォーマンスを上げることができなかった。

 

しかし、日々の研究の結果、相場はやはり「一定の法則」にしたがっ て動いていることが判明、このたびそれを収益化することに成功し た。理論の名前は「裏・窓理論」。需給のアヤを着実に利益に変換 し、それこそ「右肩上がり」の資産形成が可能になったのだ。

 

もちろん相場は魔物である。一寸先は闇であり、利益を保証するもの ではない。しかし、この世の中に「勝ちやすい手法」があるのも事実 だ。この「裏・窓理論」は投資家心理の隙間に入り込み、ちょっとし た需給のアヤを収益化した理論である。市場の動きに左右されず、着 実に利益を伸ばしていく―—そんなイメージの投資戦略である。

 

多くの銘柄に分散投資することから、それなりの資金力は必要とな る。ただ、トレードするのは 1 日一回だけ。よほどの波乱がなけれ ば、多くても2〜3銘柄程度の取引となる。気軽に実践できるのが魅
力的となっている。基本は「両建て」であり、損切りを極力回避する。 投資家心理にやさしい運用手法である。

 

では、実際にどのような損益グラフを描くのか。個別銘柄を売買で確 認することにしよう。

下のグラフは「裏・窓理論」を使ってトヨタ(7203)を 1年間売買 した場合の損益の推移である。

 

 

 

 

 

 

 

※実現損益を累計し、最後に評価損益を加える形でグラフ化、18/7/23 時点、過去 1 年データを使用(以 下同様)

安定的に右肩上がりの損益線が出現したことが分かるだろう。

 

次はNTTドコモ(9437)をご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

これも見事に右肩上がりの損益線が出現した。

 

もうひとつ見てみよう。ソニー(6758)の損益線だ。

 

 

 

 

 

 

 

これも比較的安定的な右肩上がりのグラフが出現した。

利益が出たものばかり載せていると信頼性がなくなるので、損した 例をひとつ。武田(4502)をご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

最初からまったくいいところがなく、損失が拡大し続けている。後半 はやや盛り返したものの、完全に取り返すにはいたっていない。なか にはこういう例も存在するということだ。 では、実際に年間でとれくらいの収益力があるのか、時価総額上位 20銘柄で表を作成した。

<時価総額上位20銘柄の損益率>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※取引回数を限定せず、売買サインをすべてトレードした累積値

なんと、合計で+289.5%の好パフォーマンスを叩き出したのだ。当 然、これは単純に計算したもの。手数料や税金などは考慮に入ってい ない。しかし、これだけの収益力があれば、手数料の安いネット証券 を使えば、余裕でプラスになるだろう。

 

もちろん、これはあくまでも過去の検証であり、将来を約束するものではない。

では、いったいどうやったら、これだけの収益を稼ぎ出すことができるのか――?基本的な考え方は極めて簡単である。

復習の意味も込めて、「窓理論」を思い出してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

この中で「法則2」の動きがキーポイントとなる。

窓というのは株価を引き寄せる力があり、窓を埋めたときにはその力が減退、消滅したりする。なので、「法則 2」では、下方の窓を埋 めたときには買い、上方の窓を埋めた時には売りとしている。相場の 反転ポイントになるということだ。

 

ここで重要なのは、「窓には株価を引き寄せる力がある」ということ。 難しい話は割愛するが、「裏・窓理論」はそれを単に収益化したもの である。たったそれだけで、これだけのパフォーマンスが上げること ができるのだ。

 

次のチャートをご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

これはある銘柄の値動きであり、株価が窓に引き寄せられている様 子を表現している。オレンジの矢印がそれを表現している。ちなみに、赤い帯は上昇したときに空けた窓であり、⻘い帯は下落したときに 空けた窓。窓は株価がそれを埋めるまで存在し続け、埋めた時点で消 滅する。そして株価は窓から窓へと動いていく――そんな動きを表 現している。ちなみに、Bは「窓理論」での買いサイン、Sは窓理論 での売りサインを示している。

 

「裏・窓理論」を使えば、安定的に資産を増やすことができるのではないか――。

 

ただし、冒頭にも申し上げたが「相場は魔物」である。「絶対」はない。だから、常に謙虚な気持ちで相場と対峙しなければならない。傲慢、強欲であってはならないのだ。

 

そしてもう一つ、申し上げておきたいのが、この「裏・窓理論」、基 本的に「損切りの概念はない」ということ。なので、実際に取引して いると「利食いばかり」となる。投資家心理に「やさしい」理論なの だ。だが、その一方、それだけのリスクを負うことになる。しかし、 実現益の総額が評価損の総額を上回っていれば、そのことはあまり気にする必要はない。そういった意味で「持続可能な投資手法」であ ると考えている。

 

「こんな単純な方法で儲かるのか」――ベテラン投資家も目からウ ロコのことだろう。「今までやっていた投資法は何だったのか」「最初 からこれをやっていれば良かった」――そう思うに違いない。

 

「株式投資は本当に難しい」――最近、改めてそう感じた投資家もた くさんいるはずだ。しかし、「裏・窓理論」を使えば、そういった悩 みは一気に解決する。

 

今回は「裏・窓理論(基礎編)」を、悩める投資家の皆様にお伝え するために、そのバイブル書(PDF版)を30万円(税込み)で販売することにした。高いか安いかの判断はご自身にお任せするが、年 間トータルで負けた金額に比べたら、安いものだろう。また、将来の利益に結び付くのであれば、当然、この理論は知っておいて方が良い はず。家宝として孫の代まで伝えてもいいくらいだ――そう自負し ている。そして、誰でも実践できる簡単なものであるので、その点もご安心いただきたい。小難しい用語・理論は一切含まれていない。

 

 

商品名: 「裏・窓理論(基礎編)PDF版」 販売価格:30万円(税込み)

<購入方法>

① 以下URLに必要事項と、「裏・窓理論(基礎編)希望」とご入力 の上、送信してください。 http://www.kuroiwa-am.co.jp/company/contact.html

② 以下の口座に30万円のお振込をお願いいたします。

銀行口座:三菱UFJ銀行 本郷支店 普通 0012462 カ)クロイワアセツトマネジメント

入金が確認でき次第、ご指定のメールアドレスに「裏・窓理論(基礎 編)PDF版」をお送りいたします。

株式会社⿊岩アセットマネジメント

関東財務局⻑(金商)第1046号

松本市今井3223-17

http://www.kuroiwa-am.co.jp/

“「裏・窓理論」は究極の錬金術なのか?” への1件のコメント

  1. 以前、窓理論の本買いましたけどこんなに高くなかったなぁ(w
    楽天証券のネット配信講座も勉強になりました。

    ところでトランプの仕掛けで中国とアメリカ、イランとアメリカが戦争になったら相場ってどうなりますかね
    日本も無傷じゃすまない?
    それともれせいおんで儲ける?

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ